末永ゆかりの日記

浜田聡参議院議員公設秘書。2022年参議院選挙愛知県選挙区NHK党正式公認をうけました。【NHK党】

諸派党構想と政治団体設立の検討

NHK受信料を支払わない方法を教える党(NHK党)の立花孝志党首が、『諸派党構想』という戦略を国政選挙に向けて打ち出しています。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

www.youtube.com

実際に、少しずつ賛同頂ける政治団体より連絡が入ってきています。

www.youtube.com

www.youtube.com

最近、埼玉県戸田市選挙管理委員会において当選無効と判断された、スーパークレイジー君へもアプローチしています。

www.youtube.com

立花党首の動画を見ている時間が無い方は、資料でまとめましたのでこちらでご確認下さい。

◆諸派党構想_資料

◆諸派党構想_チラシ(1枚資料)

この諸派党構想はとても斬新で面白い戦略だと思います。

立花党首より、末永にも新たな政治団体を設立したら?とお声がけ頂きました。(私だけではもちろんありませんが)

それから、どんな政治団体が良いか、悩んでいます。少し考えてみようと思っています。

ブレスト段階で考えているのは、以下です。

「レジ袋無料化党」

個人的にですが、プラスチックスプーンも含めて無料であるべきと考えています。経済的損失が想定よりも大きいのではないかと思っていることが一番の理由です。

新型コロナウイルスの影響で、直近の経済ダメージは大変大きなものとなりました。レジ袋有料化をするのではなく、海洋ゴミとならないように技術力強化や推進に向けた支援等をしたり、レジ袋を貰わなかった方へ数円サービスをするなどの措置のほうが有効ではないかと思っています。

「育児をする保護者の持ち物記名を撲滅する党」

先日少しTwitterでも触れましたが、保育園、幼稚園、小学校・・・とにかく、記名が必要な持ち物が多すぎると思います。育児をする保護者は暇ではありません。少し言いすぎかもしれませんが、記名や持ち物準備にかかる労働力を搾取されているとすら感じます。私自身、この1年で何百回子供の名前を書いたか。私は今子供1人ですが、これが2人、3人となると・・・1ヶ月にかかる時間は想像を越えていくでしょう。子供に持たせる荷物も多いと思います。保育園においては、未だにおむつ持ち帰りをしている保育園もあると聞きます。それ以外にも午睡(お昼寝)用の布団、布団カバー、タオル、着替え等々・・・保育園の帰り道、大きな鞄を持ちながら子供と帰る方もよく見かけますが、それが「アタリマエ」で良いのでしょうか。

子育て支援補助金を出すことも重要ですが、お金だけの支援ではなく、こういった間接的な負担が想像以上に保護者を苦しめていると思います。

記名だけに絞るべきか、もっと広げるべきか悩むところですが、構想段階でのイメージまでとして共有いたします。

補助金支援金等の申請を簡素化する党」

各種補助金等の申請が手間だと感じたことはありませんか?これも手書きが基本になっていますし、郵送ではなく窓口提出になっているケースまであります。デジタル庁のやることかもしれませんが、もっと簡素に、効率化すべきですよね。どういった支援制度や補助金があるのかすらよくわからないケースもあります。行政がもっとデジタル化しなければ実現しないのかもしれませんが、制度をうまく運用できない理由の大きな一つに、「申請が面倒」「わかりにくい」が存在すると思います。行政窓口の方の負担にもなっていると思います。

 

先日お声がけ頂いたばかりなのでこれからもっとイメージが出てくるとは思いますが、この記事をご覧の皆様ももしご意見等ありましたら是非お願いいたします。

また、諸派党構想に賛同いただける政治団体の方、政治団体をお持ちでなくとも、主義主張があり活動していきたいと思う方は是非NHK受信料を支払わない方法を教える党(NHK党)もしくは末永までご連絡下さい。