末永ゆかりの日記

浜田聡参議院議員公設秘書。2022年参議院選挙愛知県選挙区NHK党正式公認をうけました。【NHK党】

【N-1グランプリ】エントリー募集中(次期参院選の公募を行っています)

既にNHK党の定例会等で話が出ていますが、末永はこの度、次期参議院選挙(2022年実施予定)の愛知県選挙区でNHK党公認候補予定者となりました。

まだ正式発表はしておりませんが、来月迄を目途に一次公認発表時に明らかになると思います。愛知県庁で記者会見も行おうと思っています。愛知県にお住まいの方で末永を応援して下さる方がいらっしゃると嬉しいです。

 

既に様々なところで告知されていますが、NHK党では次期参議院選挙で選挙区に75名の候補者を擁立する方針であることを明らかにしています。

その候補者を公募しております。

 

概要及びエントリーはこちらから↓

n-1.jp

 

つい先ほど、Twitterでこのような投稿をさせて頂きました。

https://twitter.com/yukari_suenaga/status/1479698978631733249?s=20

https://twitter.com/yukari_suenaga/status/1479697303800025088?s=20

 

2019年の夏、参議院選挙愛知県選挙区で立候補を決める際、初めての選挙(しかも国政選挙)でかなり迷いました。ネガティブな理由としては、主に

・政治の事に詳しいわけでもないのに、立候補しても良いのか…?

・露出が増えそうだけど、周りの人に偏見の目で見られないか…?

・産後2か月で子育て中で超寝不足で今既に死にそうだけど、立候補なんてできるのか…?

・選挙って何をしたらよいかわからないけど…?今から調べて間に合うもの?

ざっくり、こんな感じです。

でも、もともと楽観的で前向き、迷ったらやるという精神の私は、立候補を決めました。子育てをしているからこそ、政治に関心を持ち、子どもの未来の為にやれることはやっておきたいという想いもありました。

できない理由を探すことは簡単ですが、できるできないではなく、やるかやらないか。この言葉は「きれいごと」でもありますが、常に私の頭の中にある言葉です。(…だから失敗も多いのですが…)

余談ですが、過去に勤めていた企業の社内研修で「STAR研修」という研修がありました。そこでソーシャルスタイルの診断があったのですが(自己診断と他己診断)私は自己診断で「エクスプレッシブ」他己診断で「超エクスプレッシブ」と診断されました。

dime.jp

この研修では「相手は自分と同じではない」という事を学びましたが、今でも忙しい時等はなかなか想像力が行き届かない時があります…。

当時の研修は今にも活かさなければなりません。

 

話を戻しますが、選挙ではよく「当選しなければ意味がない」という意見を耳にしますが、私は少し違うのではないかと思っています。

私は政治経験が浅く、民間企業でずっと働き続けてきました。サラリーマン時代では、心から尊敬できる上司や同僚、後輩にも恵まれていて、様々な気づきや学びがあったと思っています。今の私があるのは、あの時に経験した山のようにある失敗・挫折の数々と、その時に助け支えてくれた周りの方のおかげだと思っています。

2019年に選挙に挑戦してみて、私は政治に対する見方が大きく変わりました。自分が取材されたことで、政治分野のメディアの記事の読み方も変わったと思います。選挙を戦うという事がどういうことか、当事者になって立候補者の辛さやプレッシャーなどもリアルに想像することができるようになりました。NHKから国民を守る党として立候補することで、離れた知人もいましたが、親友と呼べる友人達や親せき、尊敬している元上司などは「私が決めたことなら」と心から応援してくれました。立候補前に想像していたほど、立候補することで良くない影響は私にはありませんでした。

今年も末永は愛知県選挙区で公認候補予定者となりましたが、今回はさらにたくさんの仲間と一緒に立候補できることを楽しみにしています。

 

お金をかけずに選挙に出られるなんて、とんでもないことだと思います。

是非この機会を見逃さず、迷っているならとりあえずエントリーをしてみてください。どうしても勇気が出せない方、末永でよろしければ相談に乗りますので、お気軽にご連絡ください。

※こちらの問い合わせフォームからご連絡ください↓↓↓

suenagayukari.hatenablog.com

 

皆様のエントリーを心よりお待ちしています。

昨月提出した質問主意書のご紹介(プラスチック新法他)

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

昨年は浜田聡参議院議員の秘書として、またNHK党の秘書として様々な業務に携わらせて頂きました。

秘書を始めて1年が経ちましたが、始めた当初からは想像していなかった多岐に渡る業務に携わらせて頂いています。大変貴重な機会を頂けていると、日々感じています。立花党首、浜田議員はじめ、関係者の皆様、いつもありがとうございます。

今年も学びながら党務や秘書業務等を精一杯こなしてまいりたいと思います。特に今年は、放送法を始めとして、党の総合政策を出すために憲法、環境法、国防やエネルギー政策等、またトークンを活用した党員制度の企画と運用、参議院選挙の(私自身の)立候補と党宛の政策アンケート対応等の党務等が控えており、今から気合いを入れていかなければと感じています…!

ご意見やご相談がある方は、お気軽にブログの問い合わせフォームへご連絡ください。

お問い合わせフォームには、様々なご連絡を頂いています。相談中のものが多く、まだご紹介に至っているものは少ないですが、少しずつこちらのブログでもご紹介していきたいと思います。

 

少し遅くなりましたが、昨月提出した質問主意書をご紹介します。

既に答弁が出ておりますので、一つずつご紹介します。

 

◆プラスチック新法施行令の事前評価に関する質問主意書

プラスチック新法とは、昨年の通常国会閣議決定されたものです。

https://www.env.go.jp/press/109195.html

その施行令が定められ、事前評価書が環境省HPに公開されています。

https://www.env.go.jp/guide/seisaku/kisei/r03_besshi07.pdf

今回はこの事前評価書を読み、質問主意書を作成しました。

作成した目的は一つ、「正しく政策評価がなされているか」という問題提起の為です。

政策を作ることで国民にどのような影響があるか、費用便益分析は正しくなされているか、それを評価するのが「事前評価」「事後評価」です。事前評価を元に事後評価を実施しますので、事前評価はとても重要なものだと思っています。

今回の施行令には、容リ法の省令改正で実施されたレジ袋に続いて、12品目のプラスチック製品が規制の対象と明記されています。

 

質問主意書の質問と答弁は、以下リンクから確認いただけます。(階層が深くて申し訳ありません…)

プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律施行令案の事前評価書に記載の「規制を実施しない場合の将来予測(ベースライン)」に関する質問主意書:参議院

政府によるプラスチック使用製品廃棄物の排出の抑制及び再資源化等を促進するための措置の創設に対する規制の事前評価に関する質問主意書:参議院

プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律施行令案の事前評価書に記載の「課題、課題発生の原因、課題解決手段の検討」に関する質問主意書:参議院

プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律施行令案の事前評価書に記載の「直接的な効果(便益)」に関する質問主意書:参議院

プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律施行令案の事前評価書に記載の「副次的な影響及び波及的な影響の把握」に関する質問主意書:参議院

プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律施行令案の事前評価書に記載の「代替案との比較」に関する質問主意書:参議院

プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律施行令案の事前評価書に記載の「事後評価の実施時期等」に関する質問主意書:参議院

プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律施行令案の事前評価書に記載の「費用と効果(便益)の関係」に関する質問主意書:参議院

プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律施行令案の事前評価書に記載の「特定プラスチック使用製品の使用の合理化」に関する質問主意書:参議院

プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律施行令案の事前評価書に記載の「産業廃棄物等の排出の抑制及び再資源化等」に関する質問主意書:参議院

このほか、とある方からご意見を頂き、下記質問主意書も作成いたしました。

プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律の施行に伴う各市区町村の廃棄物処理費用に関する質問主意書:参議院

案を下さった方には、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

もともと、こんなに質問主意書を作成するつもりではありませんでした。しかし、事前評価書を読んでいると、計算の根拠が全く分からず、現場感も感じられないこと等から、評価を適正に行おうという意志が私には感じられませんでした。そのため、少しでも疑問に感じた点は全て質問として起こしてどのような答弁となるかを確認し、またレジ袋有料化(容リ法省令改正)に疑問を感じている方々にも見ていただきたいと思い、少し多いと思いましたが、作成してみることにしました。

この質問主意書作成に関して、浜田議員及び議案課の皆様にもご足労をおかけしてしまったと感じています。深く反省しております…。(浜田議員には、私が秘書なのに…と感じるほどお気遣いを頂いております。ありがとうございます…。)

 

反省と感謝を日々の業務でお返しできるように、まずは今月頑張りたいと思います。

サンセット法案の要望(諸派党構想・政治版)

少し前ですが、サンセット法案を作成してほしいと要望を受けました。

 

サンセット条項とは

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E6%9D%A1%E9%A0%85

※一部抜粋※

サンセット条項(サンセットじょうこう)とは、一部の法律計画、取り決め、規制、協定などのルールにおいて、あらかじめその適用期間を定める条項のこと。「サンセット」は比喩的な用法で、「終わりの日へのカウントダウン」を意味する。ルールの条文にこの条項があると、期限までに延長の手続きが行われない限り、定められた期日で自動的に失効するため、一定期間においてルールの必要性について見直しを行うことが多い[1][2]。特にアメリカ合衆国の法律においては行政官庁の肥大化を防ぐなどの理由により、1980年レーガン政権樹立後に「サンセット法」が急速に普及した[3]

 

つまり、規制を減らしていくうえで、一つの選択肢となる考え方です。

諸派党構想政治版に基づき、早速日本においてサンセット条項の検討ができるか、現状サンセットに似た仕組みがあるかどうか確認してみました。

すると、いわゆる「サンセット」については、政府の規制改革の一環として「規制改革実施計画」が行われている事がわかりました。

◆令和3年6月18日閣議決定

https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/publication/keikaku/210618/keikaku.pdf

 

この「規制改革実施計画」に基づいた具体的な成果について内閣府へ質問したところ、下記の回答を得られました。

ーーーーーーーーーーーーー

規制改革実施計画(平成26年6月24日閣議決定)に基づく、いわゆる「規制レビュー」の取組については、規制所管府省において「規制シート」を段階的に作成・提出することとされ、これまでに合計380件が提出されています。
(掲載URL)
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kaigi/review/review.html
令和元年6月以降については、規制改革実施計画(令和元年6月21日閣議決定)において、「今後、行政機関が行う政策の評価に関する法律(平成13年法律第86号)に基づく仕組みの下で一元的・継続的に把握されるべき」とされたことから、内閣府規制改革推進室としては特段の取組を行っておりません。

ーーーーーーーーーーーーー

 

サンセットの場合「見直した結果現在の規制が継続される」という選択も可能なため、「適切に見直しが行われているか」という点が非常に重要であると思います。無駄な規制をなくすという観点からであれば、日本の場合は浜田聡議員が検討を進めている「2対1ルール」のほうが馴染みやすいかもしれません。

youtu.be

 

2対1ルールについては、いくつか参考となりそうな記事リンクを貼付けます。

smart-flash.jp

sakisiru.jp

sakisiru.jp

 

サンセット法案の要望を頂いた方には、上記回答を共有させて頂きました。

ご要望くださった方、ありがとうございました。

 

他の方もご提案ご要望などありましたら、お気軽に末永までご相談ください。

忙しいと時間がかかるかもしれませんが、一つずつ対応させて頂きます。

様々な方のご意見を元に、活動が広がっていく事を期待したいです。

自衛隊の食事について調査してみました(諸派党構想・政治版の参考までに)

先ほど書いたブログの諸派党構想・政治版の活用での連絡の中に、自衛隊の食事について問題提起されたご意見をとある方から頂きました。

 

きっかけは下記ツイートからでした。

航空自衛隊横田基地さんはTwitterを使っています 「空自横田基地の栄養バランスのとれた昨日の食事 #横田飯 を紹介します。 #航空自衛隊横田基地 #横田基地 #横田飯 https://t.co/UiC6DHBnZx」 / Twitter

写真に写る食事内容からして、栄養価やカロリーが足りないのではという指摘が多く、問題があるのではないかとの事でした。

詳細確認すると、ご意見をお送りいただいた方自身はこの内容を以て自ら要望等をするまでではないとの事でしたが、このご意見をきっかけにして自衛隊の食事について防衛省へ質問してみました。内容をご紹介いたします。

 

【質問】

自衛隊の食事に関する取り決め(栄養摂取基準やカロリー量、予算も含む)について教えてください。 

【回答】

自衛隊への食事の支給は、「防衛省の職員の給与等に関する法律第20条『政令(※3)で定める職員には、政令で定めるところにより、食事を支給する。』」に基づいております。
○栄養摂取基準(カロリー含む)は「給食に実施に関する訓令第9条『防衛大学校長等は、毎会計年度、当該会計年度開始前に基本食、増加食及び加給食の定額、定量及び栄養摂取量の基準を防衛大臣の承認を得て定めなければならない。』」に基づいております。
○予算は、財政法及び「防衛省の職員の給与等に関する訓令20条」「防衛省の職員の給与等に関する法律施行令14条及び15条」における支給に関する規定に基づき、令和3年度については約360億円です。

※参考/防衛省の職員の給与等に関する法律施行令 第14条及び15条(食事の無料支給)

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=327CO0000000368_20210401_503CO0000000081


 【質問】

上記ツイートについて、主に「食事が少ないのでは」という意見が多いですが、自衛隊員から食事や栄養に関する要望などは上がっておりますか? 
(そもそもですが、自衛隊員が食事について要望を上げる仕組みはありますか。) 

【回答】
自衛隊員から要望を上げる仕組みとなっており、「給食の実施訓令に関する訓令第4条2項『給食実施機関の長は、給食の円滑な実施を図るため、その諮問機関として給食委員会を設けるものとする。』」に基づき設置される給食委員会を通じて、食事に関する要望が上がっております。
(例)自衛隊員より寄せられた要望を給食メニューに反映する等、要望に応える取り組みを実施しています。

 

【質問】

各基地の食事管理責任者(隊員の栄養状態の管理責任者)は誰ですか。 
【回答】 
給食訓令第4条『給食実施機関の長は、健康増進法(平成14年法律第103号)第21条第3項及び防衛省職員の健康管理に関する訓令(昭和29年度防衛庁訓令第31号)第22条に規定する栄養管理に関する事務を行うとともに、給食の実施及び改善について必要な措置を講じなければならない。』により、給食実施機関の長が責任者となり、陸自の場合、各駐屯地に所在する業務隊長等になります。

 

【質問】
防衛省として自衛隊の食事について何らかの課題認識や、対策等を講じられているのであればそれをお知らせください。 
【回答】 
防衛省としては、自衛隊員の生活や勤務の実態、任務の特性、最新の栄養学的知見に基づき、栄養摂取基準を見直す必要があると認識しており、令和元年度から2か年かけて外部委託により、この基準の見直しに資する調査を実施しました。この見直しに伴い令和4年度概算要求では前年度から約15億円増の約375億円を糧食費として計上しております。

 

最後の質問に対する回答にもありますように、見直しの必要があると認識し既に令和4年度概算要求の計上額も上がっているようです。

今回は第三者からのご意見でしたが、当事者からのご連絡もお待ちしております。

諸派党構想・政治版について進捗

現在、浜田議員が進めている「諸派党構想政治版」の窓口を末永が担当しております。

 

諸派党構想政治版について

www.youtube.com

諸派党構想・政治版については、はじめは衆議院選挙党公認立候補者や党関係者のみでしたが、一般の方にも枠を広げて取組みを進めています。対応いただいている各省庁の担当者及び調査室、国会図書館のご担当者様には改めて御礼申し上げます。

各省庁への要望、質問、レクなどのほか、参議院調査室への調査依頼、国会図書館への調査依頼、法案作成依頼等も行う事ができます。

本日時点で、諸派党構想政治版を活用いただいた件数は32件になりました。今のところ大きな問題もなく進んでいると認識しています。

私も少しずつこの取り組みについて共有をしていきたいと思っています。活用イメージが沸き、少しでも多くの方に利用いただく事で、何かの解決への糸口等に繋がる事を期待しています。

 

末永のブログに貼りつけた問い合わせフォームにも何件か問い合わせをいただくようになりました。お応えできないこともあるかもしれませんが、何かご要望などがある方はお気軽にご連絡ください。

 

◆お問い合わせはこちらから↓

https://suenagayukari.hatenablog.com/about

これまでのNHKに対する会計検査院の指摘内容を調べてみました

早いもので衆議院選挙が終わってもうすぐ1か月が経とうとしています。今年ももうすぐ終わりですね。寒くなってきましたので、身体を温めて体調を整えつつ、日々を過ごしています。

衆議院選挙の繁忙に追われて書けませんでしたが、浜田議員の秘書としての仕事をはじめてから1年が経過しました。近日中に振り返りと今後に向けての活動についてもブログで触れていきたいと思います。

 

少し前の党役員会で会計検査院の話が出ましたので、これまでのNHKに対する会計検査院の指摘内容を調べてみました。

検査報告年度 案件名
 平成13年度  日本放送協会の非現用不動産の管理、処分状況について 
 平成15年度  職員の不正行為による損害が生じたもの 
 平成16年度  日本放送協会における放送受信料の契約・収納状況について 
 平成16年度  職員の不正行為による損害が生じたもの 
 平成17年度  事業所等におけるテレビジョン受信機の設置状況を適切に把握するなどして、受信契約の締結を促進するよう改善させたもの 
 平成17年度  職員の不正行為による損害が生じたもの 
 平成18年度  日本放送協会における不祥事に関する会計検査の結果について 
 平成20年度  コンピューターサービスの調達に当たり、特定調達に該当するものであることを踏まえ、透明性、公正性及び競争性が確保された契約事務を実施するよう改善させたもの 
 平成21年度  受信契約の取次ぎ・収納等に係る業務委託について、業界団体との緊密な連携を図るとともに契約内容の見直しを検討するなどして、受信契約の促進及び受信料の公平負担の徹底という目的に対して一層有効に機能するものとなるよう意見を表示したもの 
 平成22年度 事業所との受信契約の取次ぎ・収納等に係る業務委託契約について 
 平成23年 事業所との受信契約の取次ぎ・収納等に係る業務委託契約について 
 平成25年度  職員の不正行為による損害が生じたもの
 平成28年度  日本放送協会における関連団体の事業運営の状況について 
 平成29年度  衛星契約への契約種別変更の勧奨を目的とする郵便物の郵送に当たり、割引制度を適切に活用することにより郵便料金の節減を図るよう改善させたもの 
令和2年度 職員の不正行為
令和2年度 複写機の調達に当たり、複写機本体等の台数及び使用枚数の調達予定数量を算出した上で、これらの必要事項を記載した適切な仕様書等を提示して、一般競争入札を実施することにより、透明性及び競争性を確保し、経済的な価格により契約を締結するよう改善させたもの

※案件名をクリックすると、詳細のリンク先が表示されます

上記のうち、平成18年度と平成28年度の指摘については、参議院決算委員会からの要請に基づいて行われています。(国会法第105条に基づき要請)

参考リンク 国会法 | e-Gov法令検索

 

NHKに対する会計検査院の指摘に関連する報道で有名なのは、東横インの19億円支払い命令ではないでしょうか。

times.abema.tv

この19億円支払い命令に至った初めのきっかけは、会計検査院からの指摘です。

上記指摘内容を見ると、平成17年度をはじめとして、平成21年度~23年度にホテルに関する指摘の記載があります。興味のある方は是非チェックしてみてください。

 

NHK党では、次期参議院選挙の立候補者を募集しています。公募を行うのは12月に入ってからのためまだ詳細は明らかになっておりませんが、興味のある方は是非動画をご覧ください。

www.youtube.com

私自身も参議院選挙「愛知県選挙区」の公認候補予定者となりました。※2021年11月27日時点

NHK党の党勢拡大に精一杯貢献したいと思います。

 

衆議院選挙で党宛に来た政策アンケートや質問等について

第49回衆議院議員総選挙が行われました。

ご支援くださった皆様、またボランティアなどでお手伝いして下さった皆様、またNHK党から立候補を決意してくださった皆様へ心より感謝をいたします。

本当にありがとうございました。

 

先日のブログで一部ご紹介しましたが、衆議院選挙等の国政選挙が行われると候補者宛にも政党宛にも大量のアンケートが届きます。

個人的には選挙前ではなくても質問頂いて構わないと思いますが、やはり国民の興味関心が高くなる選挙の時期に合わせてアンケートを送りたいという団体も多く、また各メディアからの質問もたくさん届きました。

全てデータ化できなかったのですが、データ化できたものについて共有させて頂こうと思います。

 

政党宛のアンケート回答については、以下リンクに格納しています。

https://drive.google.com/drive/u/2/folders/1GoW-kcMjbYQ3EOOrcp77kjVTaAdw5_ev

 

質問が届いてから回答まで1日しかないというタイトなスケジュールのものも少なくなく、簡易に回答しているものもありますが、時間をかけて回答しているものもあります。

参院選に備えて、公約とともにさらにブラッシュアップしていきたいと思います。

 

今回の衆院選についての振り返りはこちら↓

youtu.be

 

来年の参院選までもう7か月弱です。NHK党では立候補者を募集しています。

youtu.be

 

NHK党の諸派党構想戦略についてもまだ始まったばかりです。

諸派党構想政治版/少数派の声を政治へ届ける活動について↓

youtu.be

 

諸派党構想政治版の窓口は末永が対応させて頂いております。

要望やご意見等は、ブログ内にあります問い合わせフォームより是非お問い合わせください。